治療種類を確認

薬クリニックでAGA治療を受ける場合、確認するべきなのは治療の種類です。AGA治療の基本は投薬治療です。投薬治療にも種類があり、ジヒドロテストステロンの抑制に効果的とされているプロペシアやミノキシジルを薬として内服する治療と、ニゾラールローションなど頭皮に直接塗るタイプとあります。専門的なクリニックになると、独自の治療法を展開している場合もあります。AGA治療で成果をあげるためには、自分に合った治療法を見つけ、それを継続する必要があります。投薬治療は多くのクリニックが導入している基本の治療法ですが、体の内側からのアプローチ、頭皮へのアプローチとなるため既にAGAが進行している場合はなかなか効果が実感できない場合もあります。

投薬治療よりも早い効果が期待される治療法に植毛があります。自毛植毛であれば2週間程度で髪の毛を定着させる事もできます。特に頭皮チェックの結果毛根がなくなっている箇所が多い場合は投薬治療の効果があまり期待できないため、植毛を行う場合があります。植毛は投薬に比べて治療費が高めです。

もう一つの治療法としてHARG療法があります。成長因子のタンパク質やビタミン類などを頭皮に注射し、ヘアサイクルを正常化させて発毛を促す方法です。アレルギー物質が含まれていない事と男女問わる治療可能という事で注目されています。ちなみに、AGA治療を名古屋で行っているクリニックでも、HARG療法を取り入れています。